技術紹介 Technical Expertise

フラットルーフMMシリーズの特徴

FR水密工法の特徴 Feature

  • スマートな外観 - ハゼ両サイドの段差とハゼのラインが屋根全体にスマートな外観を演出
  • 完全な水密工法 - 二重巻ハゼ構造に、一体吊子・専用アルミ芯材入り防水テープ(FRテープ)の併用で完全防水を実現
  • 安定した品質 - FRテープは成形ラインの中で機械貼りし、自動ハゼ締機(電動シーマ)により手作業で出る施工ムラを解消
  • 最も過酷な水張水密試験をクリア - [(財)建材試験センター]にて、屋根材で作成した水槽を用いた水張試験を見事クリア
  • 高い意匠性 - 多様な特殊加工に対応し、自由なデザインをご提供

施工イメージ Construct Image

technical_r14_c2
technical_r16_c2_1

特殊加工 Special Processing

R加工テーパー加工ドーム形状

 

 

フラットルーフH45の特徴

H45の特徴 Feature

  • FR水密工法の継承製品フラットルーフH=25の特長を継承した新製品。安全・安心の水密機能を発揮します。
  • ハゼ高45による深い陰影ハゼ高が45と高く、より深く、シャープな陰影を演出します。
  • より安心の防水性ハゼ締め(ジョイント)の位置が高いため、雨仕舞よりも安心です。
  • ドーム形状等、三次元形状に高いコストパフォーマンスを発揮新開発「笹の葉加工」は、ハゼの下に可変リブを設けることで、同じ板幅の屋根材の働き幅を調整できます。
    今まで高いコストが必要だったドーム形状等を低コストで実現可能にします。

笹の葉加工時のハゼ形状

technical_r20_c2

断面図

technical_r22_c2

断面図

technical_r24_c2

対応材質・板厚

材 質 板 厚(mm) 単 重(kg/㎡)
カラーガルバリウム鋼板 0.4 0.5 0.6 5.45 6.73 8.02
フッ素ガルバリウム鋼板 0.4 0.5 0.6 5.45 6.73 8.02
カラーステンレス 0.4 5.18
フッ素ステンレス 0.4 5.18

仕様

材 質 530mm
標準働き幅 325mm
対応勾配 2/100以上
最少曲げ半径 10m以上
対応特殊加工 テーパー、R、笹の葉加工

フラットルーフH25の特徴

  • 自由なデザインハゼ高と形状が曲面や三次元形状に追従しやすく、あらゆるデザインに対応します。
  • サザナミ加工標準仕様屋根材本体のドブ面をサザナミ加工することによって、ベコつきを緩和させます。
  • R立上がり加工壁と取合う立上がり部は、R立上がり加工が可能です。防水層をそのまま立上げ、より確実な雨仕舞が可能です。

断面図

technical_r28_c2

対応材質・板厚

材 質 板 厚(mm) 単 重(kg/㎡)
カラーガルバリウム鋼板 0.4 0.5 4.71 5.82
フッ素ガルバリウム鋼板 0.4 0.5 4.71 5.82
カラーステンレス 0.4 4.48
フッ素ステンレス 0.4 4.48

仕様

材 質 457mm
標準働き幅 324mm
対応勾配 2/100以上
最少曲げ半径 2m以上
対応特殊加工 テーパー、R、R立上

成型機  ※L寸10m以上は現場成型となります

technical_r30_c2

accc

Copyright (C) 2006 Matsumoto Metal Corpolation. All Rights Reserved.